• ホーム
  • 治らないEDにはマカが効く?

治らないEDにはマカが効く?

笑顔の男性

マカは南米ペルー原産の多年草で、2000年以上も前からインカの人々の貴重な栄養源として使われています。
マカは現代では精力剤でおなじみの成分で、ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸を豊富に含んでいることで知られています。
マカの効果には、滋養強壮、精力増強、性機能向上、不妊改善、などがあります。
ED(勃起障害)で悩んでいる人にとっては、精力増強や性機能向上は気になる効果のはずです。
精力増強効果があるのは「アルギニン」です。
「アルギニン」は成長ホルモンの分泌を促し、勃起に必要な一酸化窒素(NO)の生成をサポートします。
これにより、男性機能を改善する効果が期待できます。
そのほか、活性物質の「アルカロイド」「デキストリン」が性機能を活性化させることや、血流改善させることで勃起しやすくなり、維持しやすくなります。
マカは、ストレスやトラウマが原因で起こる心因性EDにも効果が期待できるとされています。
不妊改善は女性へのメリットが大きく、ミネラルやアミノ酸が下垂体に働きかけて女性ホルモンの分泌をサポートして正常化させてくれます。
また「リジン」という成分には受胎能力を高める効果もあります。
不妊改善効果は男性にも期待できることで、マカに含まれる「アルギニン」「亜鉛」の成分が精子の量を増やしたり、運動を活発にしてくれます。
ED治療ではED治療薬というPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という、勃起を妨げてしまう酵素の働きを抑える薬が使われるのが一般的です。
これによってcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)の血中濃度が高まり、血流が改善することで勃起力を回復させる仕組みです。
これはマカの「アルギニン」の効果であるNOの生成をサポートするのと似た効果です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧